--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/06/28 (Tue) 21:15

ドメイン取り戻せたぁヾ(〃^∇^)ノ

連絡がつかない方がいるので & 質問があったので、こちらでも、お知らせしま~す。

無事にドメインを取り戻せました。嬉し泣き~(*ノ-;*)
(1つ前と2つ前の記事の続き)

ホームページは、すぐに反映され、今までどおり見れるようになりました♪
ご迷惑をおかけしてしまい、本当にすみませんでしたm(__)m

おかしい所がありましたら、お知らせをくださいね(^^ゞ
これからも、宜しくお願いします。


ドメイン取り戻し奮闘記! (奮闘記ってほどでもないけど(^-^;
検索で、私のように困られている方が多い & 経験者の方が多いと知り、とても参考になりました。
『マジで!?』って事も知り、数週間ぐらい取り戻すのに不安にもなったり・・
取り戻せて、本当に良かったぁ~。。ε-(´・`)

以下、ご参考になれば良いな~と思います



まず、ドメインには、「com」や「jp」や「net」など、20ぐらい種類があります。
たとえば、hideakiが同じでも、「hideaki.jp」 「hideaki.net」 「hideaki.com」 「hideaki.co.uk」など、
同じ名前でも、20ぐらい取得できます。
お値段は、1年間580円~4800円ほど(ムームードメインの場合)

なので私も、「com」に拘らなければ、こんな面倒な再取得騒動をしなくてもいいんですけどねぇ(^▽^;)

お好きな名前(ドメイン)を検索してみて、遊んでみてくださ~い♪  「ムームードメイン」
あのサイトの「jp」や「net」などが空いているので、ビックリで御座います(>▽<;;

「日本語ドメイン」なんてのもあります♪
英明.com」とか「英明.jp」なんてのが取得できるんだけど、まだ歴史が浅いドメインなので、
空きがたくさ~ん(^-^;



で、本題ですが、今回・・
更新を忘れていたのに気がつき、ムームードメインさんに問い合わせたところ、
『レジストラへ買戻しを依頼するための回復手数料(21,000円)が必要』との事( ̄□ ̄;)!!
なので、ドメイン登録管理機関で保留期間経過後(数ヵ月後)、登録が完全に抹消されたら、
再取得をしようと思っていました。

検索で知ったんだけど、更新切れドメインが完全に抹消された直後、そのドメインを狙う人や会社がいるそうな!
海外サイトで更新切れドメインの一覧表や、狙っているドメインの取得を有料で承っている会社があり、
人気のドメインは、すぐに抑えられてしまいゲット出来ないそうです。
この様な更新切れドメインをゲットするのを「ドロップキャッチ」と言うそうです。

ドロップキャッチを、専門の会社に有料でお願いするのを「バックオーダー」と言うそうです。
オーダーされたドメインが抹消されるのを ず~と監視していて、抹消されたとたんにその会社がゲット!
ゲット料として、60ドル~1万5千円ぐらいの報酬を払い、希望のドメインが手に入るわけです。

複数の人がオーダーをしていた場合は、オークションになるそうな(◎o◎;)
こんな会社があるので、人気や目の引くドメインを素人が取得するのは難しい~みたい・・
な~んか、とっても複雑ですねぇ・・ トンビに油揚げをさらわれるみたいな感じでしょうか・・(-ω-;)


で、何で他人が作ったドメインを欲しいんだろう?と、不思議でした。
ドメインって、ハンネやメルアドと同じで、誰かが考えて登録したものですよね~
な~んで、人の物を欲しがるのだぁ?(--)

単純に思いつくのは、
メールアドレスやハンネを登録しようとする時、他の人が登録をしていて、登録不可の事が多いですよね~
気に入ったアドレスやハンネが登録できないと、少し悲しかったり悔しかったりすると思います。
こんな悔しい思いをした人達が、狙っているのかな~なんて思いました。

まあ、私のドメインなんて、誰も欲しくないだろうし(^^;; 問題ないんだろうな~と思っていたけど・・
検索をすると、私のドメインと同じ(似ている)ハンネやホームページアドレスがいくつか見つかり、
ちょいと不安になりました・・
この人達が狙ってるかも(―o―;) な~んて被害妄想が少々(^▽^;)


検索して知ったのは、もっと複雑な気持ちになってしまう理由でした(-ω-;)
人気のドメインをゲットして欲しい人に販売する目的とか、ドメインオークションに出品するとか、
自分のホームページのアクセスアップのために、他人のドメインをゲットしたい人が多いんです。

1つのホームページに、複数のドメインを使えるサーバーがあるんだけど、
(複数のURLでも、同じサイトが見れるという意味です)
ある程度アクセス数が多かったドメインや、検索されやすいドメインなどをドロップキャッチして、
自分のホームページURLにしちゃえば、アクセス数も多くなりますよね~・・
だから、他人が放棄した(または更新切れ)ドメインのドロップキャッチをしている人が多いみたいです。

お気に入り登録をしていたサイトを久しぶり~に開いた時、全然違う人のサイトになっていた!?
なんて経験者さんも、少なくないと思います。
誰かが放棄したドメインを、他の誰かが偶然に同じドメイン名を取得したり、
欲しかったドメインを検索して、放棄されていたから有り難~く取得したり、
良さそうな更新切れドメインを見つけて、ドロップキャッチして大満足したり、
こんな理由で、ある日から知らない人のサイトになってしまうって事なんです。


自分の覚書のつもりで書いていたら、長くなっちゃいました(^-^;
検索でいらっしゃる方もいると思うので、ドロップキャッチの時間など詳細は、後日に書きますね~
関連記事

テーマ : ドメイン
ジャンル : コンピュータ

Trackback

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
Calendar
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
ユーザータグ
piyo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。